Skip to content

サークルと就職活動の戦略

学生の頃、サークル活動に力を入れていた人は就職活動でも有利になると言われています。

むかしは運動部の方が印象が良かったようですが、今は文科系のサークルや部活でも評価を受けられると言います。

ただし、飲みサークルのように遊びがメインのサークルは評価対象にならず、むしろ遊んですごしていただけかと思われる可能性もあります。

もしも真面目にサークル活動にいそしんでいなかったのであれば、面接などでは無理にアピールをしないで、アルバイトに励んでいましたなどと他のアピールポイントを選ぶ方が良いでしょう。

世渡りの上手な学生は就職活動に有利になるからという理由だけで特定のサークルに所属し、そこそこ出席だけして既成事実を作るそうです。

本気でサークルに取り組んでいる人達からすると利用されているような感じがするかもしれません。

ただ、その人は就職活動に向けて、その時点から色々と計画や戦略を練っているとも言い換えられるでしょう。

なので、反発するだけでなく、就職活動のコツをそうした要領の良い学生に教えてもらう方がお互いのメリットになると思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です